1/3000というケースも…

ゲームをしていないスマートフォンスマホゲームのガチャ料金は1回300円から500円が通常のようです。実際に希少なキャラクターを手に入れる確率はゲームにもよりますが、1/3000というケースもあるのです…。さて、大手ゲームメーカーが持つゲームキャラを使用したゲームアプリが出るそうですので、かつてファミコンやスーパーファミコンに熱中していて、現在ゲームをリタイアしてしまった人が復帰するきっかけとなる事があり得ます。ゲームアプリにおける攻略について調査したいけど、有名な攻略サイトとかを閲覧しても、自分が知りたい内容がなかなか見つかりません。そんな時は、「Lobi」で質問という方法も良いですね。オンラインゲームで使うお金を、仮想通貨ではなくリアルなお金と引き換えするRMT(Real Money Trading)がトラブルを引き起こしています。また問題点として、働かずにソーシャルゲームをする若い人達が絶えないようです。

新たに生まれる遊び

新たに生まれる遊びを、従来のゲームとして括ったり、もしくは同質のカテゴリの中の新たなジャンルの発生として捉えたりすると、正しく理解できなくなります。さて、この数日は天候の変化が急で、どうも本調子じゃない気がします…、この前も頭痛で寝込んでしまいました。皆様も自己管理には気を付けましょう。「都内の列車に乗車してみても、一見ゲーマーとは思わないようなサラリーマンがスマホでゲームを満喫している。こうした事象はグローバルで見られるものだ」  少し前のAndroidゲームはシンプルなのがほとんであり、実際中身が上質なものは見当たらなかったのですが、このところ家庭用ゲームに匹敵するようなゲームがしょっちゅうリリースされているというのが業界の姿です。スマホを持っていてLINEをインストールしていない方はあまり聞きません。そのたくさんの人に向けて発信できるんですから、LINEゲームの利用者は増大するに違いありません。

実際には課金というのは

実際には課金というのはスマホゲームをビジネスとして運営する以上、どうしても避けられないことですが、ユーザーの技術向上などによってマスタークラスに手が届くチャンスがあるのか?ということは、困難でありながらもスマホゲーム運営会社の勝負どころなのでしょう。私はずっとゲームで育ったようなもので、幼少時よりゲームが飯より好きで、ファミコンやスーパーファミコンのレトロゲームも手ごたえのあるPC用のゲームも多くやって参りました。アプリ開発企業が新作スマートフォンゲームに頑張って取り組んでも好評を維持しにくい傾向があり、ここにきて、ゲームアプリ市場が成熟してきたサインが確認できたように思われます。やはりスマホは、全ての人にとって、ビジネスや学習に必要な、所持しているのが自然なツールとなりはじめています。ですから、それで満喫されるゲームもまた気軽にプレーされるものです。オンラインゲームはどうしても時間がとられてしまいますよね、これはやめるタイミングがつかめない…なのでなかなかできませんが、仲間と協力するのでひどくプレイヤーが怒ったりしてないのはやってみたり…たまにあります。それでは、おやすみなさい~^^