評価が分かれる「ポケモンGO」

ポケモンGoのボールとスマホ
普段からゲームを堪能しているマニア層からは評価が分かれる「ポケモンGO」ではありますが、従来はゲームをあまりプレイしてなかった層までユーザーに引き込み、社会現象が拡大しています。新規カードがリリースする度にGooglePlayカードを買って取得して、合成をしてという事を何度もすることになりますが、どうしてもそれなりの現金が入り用となってきます。大人気のゲームを配信している企業でも、プレイヤーは会社名だけでは新しいゲームをプレイしてはくれません。後発ベンチャーなどは、なおさらです。多くの開発費や広告宣伝費を使っても、大量のDL数確保が担保されている事にはなりません。人によるというのはありますが、基本的にゲーム中で人付き合いなんてしたいと思いません^^;仮にキャラクターの絵がダメな感じであっても、心にストーリーや登場人物が残り、時に音楽を口ずさんでしまうような、そういうスマホゲームをプレイしたいと思います!ゲーム会社が新作スマートフォンゲームにリソースを投下しても好評を維持しにくい潮流が散見されていて、ここにきて、スマホゲーム業界に成長鈍化の前兆が確認できたように思われます。

スマホゲームをしている合計時間

日本のプレイヤーがスマホゲームをしている合計時間はアメリカの4倍で、全世界で最も長いです。全てのスマートフォンアプリの中でゲームの収益は日本ではアップストア、グーグルプレイとも90%と高く、アメリカの8割を超えています。げん玉で頑張って獲得してきたポイントを、GooglePlayカードなどと引きかえする事ができれば、新しいスマホゲーのガチャでも、ほぼタダで実施できます。スマホゲームでも同盟やギルドは普通にありますが、メンバーがやるべき事が厳密になってしまうと同盟やギルドでの立ち位置というようなことにまで気をつかってとなっちゃいますよね。それはどうなんでしょう?どうなんでしょうか。「あーこれは課金してイベントキャラを獲得したら石が獲得できるな…」と明確であればあるほどやはり楽しさを損なったようになってしまう。何が起こるか分かってしまうと、ゲームは楽しくないですね。元々はかんたんなものがほとんどだったアプリゲームですが、最近では高品質なロールプレイングゲームや、格闘であったりアクションパズルなど、作り込まれたタイトルがリリースされていると思われます。

任天堂の参加は市場の活性化

任天堂の参加は市場の活性化に助けとなると期待できます。老舗企業の作るゲームは、クオリティーに厳密で、作りこみもかなりのものです。適当なゲームとしては出てこないでしょう。私はストーリー展開が楽しいiPhoneゲームをさがし回って、毎日事前登録や面白そうなゲームのダウンロードに勤しんでいるのです。わずかでも参考にして頂ければと思います。膨大なスマホゲームをやってわかったことですが、課金して取得した仮想通貨(ガチャ攻略用のクリスタルや魔法石等)を使ってアイテムを合成しない限りは、難関クエストで詰まってしまうという現実が知らされてくるでしょう。ところで、スマートフォンゲームを楽しんでいると興味が出てくるのが、上位ランカーにいるゲーマーたちではないでしょうか?キャラの育成度を見るとこれは勝てないな…等と考えてしまいます。当然、「クソゲー」は存在しますが、ほとんどはちゃんと満喫できるゲームになっていますし、未来のソシャゲ市場はどんどん発展することはまちがいないと考えられるようです。

良くできたゲームには課金してもいいかな~と安易に考えちゃう軽いプレイヤーなのですが、たくさんあるアプリゲームを調査して良くできたゲームを見つけるのって実際には大変ですよね。ある場所に多くの顧客がいることが判明したなら、それに向けてソーシャルゲームを出して儲けようとするのは営業活動として当たり前の論理です。ポイントタウンで頑張って貯蓄したポイントを、iTunesギフトコードなどと交換することによって、新作スマホゲームの課金コンテンツを、ほとんど無料で実施できます。もはやiOSであろうとAndroid端末であってもプレイ無料ですから、注目作品が目にとまったなら、何はともあれDLして、チュートリアルだけでもやってみるのが良さそうです。今どきはそういうのがあるのか分からないですが昔のゲームセンターでは得点を競うのが普通でしたし、格闘ゲームも強プレイヤーが腕前を示すような機会がありますので、他のプレイヤーと競い合うといったスタイルはゲームの楽しさの一部だと思います。

リアルマネートレーディングが話題

ソーシャルゲームのキャラクターを、オーブではなくリアルなお金と引き換えするリアルマネートレーディングが話題となっています。報道では、ゲーム以外の事をしない人たちがいるとの事です。旧来のゲーム会社参入は市場の活性化に繋がると思われます。任天堂のゲームは、品質に対して妥協をせず、完璧を求めています。適当な質ではリリースしないはずです。スマホゲームの攻略方法が有料アイテムによって容易にクリアできてしまうという事実がプレイする人に見え見えになっちゃったとしたら、ゲームの元々の喜びは損なわれてしまうんじゃないのかな、と言えるのではないでしょうか。話は変わりますが、私はゲーム世界でまで人付き合いしたくありません。もしも画質が精細でなくても、脳裏に物語やキャラクターが残り、耳には音楽が残るような、そういったゲームがしたいのです。「最近では、ユーザーはスマホを肌身離さず携帯している。この事は重要な変化であり、同様に重要な事業機会をもたらしてくれるものだ」と言えるでしょう。

新式で出てきた遊びを、同様のゲームとして扱ったり、もしくは同じ枠組みの中の新たなジャンルの表れとして考えたりすると、正しく理解できなくなります。少人数のたくさん課金する人の利用した売上によってアプリが存続されています。無料DLのゲームでは資金力のあるユーザーが払うという、実際の社会構造に近くなっています。分類はFFみたいなロールプレイングゲーム、シミュレーション、忙しくないRTSがハマるケースが多く、友人に誘われた時はACTやSTGもします。PZGはゲームが面白ければやります。私が普段どのようにスマホゲームを選んでいるかというと、ほとんどはレビューサイトを参考にしています。例えば、「スマホゲームおすすめ攻略レビュー」というサイトは管理人が実際にプレイしたゲームのレビューなので、特に参考にさせてもらっています。事前登録が一般化してから、リセマラと同じく無課金プレイヤーには避けられないものとなりました。DL前のスマートフォンゲームを予約するためにメールアドレス登録するので事前予約と言うのです。新しいゲームが続々と配信されるスマートフォンゲームは、ゲームをクリアするにつれて強力なモンスターが現れるようになってくるので、進んでいくためのカードのレアリティが求められ、ゲームを攻略するためにはレア度の高いカードが必須となる場面に遭遇するようになります。

日本のスマホゲーマーがiPhoneゲームをしている時間の計は米国の4倍となり、恐ろしく長時間となります。スマホアプリ全体に占めるゲームの売上割合は日本国内では両方のストアで90%となり、他の国を大きく上回ります。先日、とある戦国ものゲームを堪能していたプレイヤーが引退し、世間を驚かせました。この人物は驚愕の3億円以上を費やしていたとのことです。2013年第1四半期、マーケットではiOSアプリゲームの売上高がゲームボーイやニンテンドー2DSといったポータブルゲーム機向けパッケージの販売を上回ったといいます。「あーこれは課金してあのアイテムを入手したら上位にいけるよなあ…」って見えてしまうとやっぱりスポイルされた気分になりませんか?どうなるか分かっちゃうと、やる意味が半減してつまらないでしょうね。時代は変わり、スマホがあればフリーのゲームをいくらでもダウンロードできるご時勢になりました。少ないお小遣いで中古ゲームを買いに行っていた時とは天と地の差ですよね。

微課金・無課金層が大半

スマホゲームにもギルドはありますが、メンバーがやるべき事が精密になればなるほどギルドにおける対人関係にまで慮ってとなるのが必然でしょう…ゲーム内でこんな事するの…私は全然楽しくありません。さて、任天堂の持つゲームキャラを使用したゲームアプリが出てくるとのことで、以前ファミコンやSFCで遊んでいて、ゲームを中止しているという元ゲーマーが復帰するきっかけとなるという見通しもあります。当然なのですが、ガチャをやらないかちょっとだけ課金するアプリゲーマーが、市場の90%ほどを占めているという形で、電車に乗っている時などに少々プレイするという形式となるので、唯一のスマートフォンゲームが長期間愛されることは困難です。ちなみに、業界団体である『日本オンラインゲーム協会』がレアアイテム取得に必要となる金額の上限を50,000円内とする事と、引き当てる確率をクリアにする事を宣言しております。日本のスマートフォンゲーム市場は、日進月歩で進化しています。ですが、一昨年からはユーザー数は増加しているのですが、アプリゲームのインストール数があまり伸びていません。なぜでしょう?

スマホゲーの攻略法を調べたいのだけど、既にある攻略サイトとかを閲覧しても、具体的な方法は見当たりません。そのような場合には、「Lobi」にアクセスすることを検討しても良いと聞きました。ゲーム市場の注目が屋外から屋内へと変動したとき、これまでごく少ない時間で堪能できたゲームが、自宅で何時間もかけてプレイするような新しい遊びになり、いま、Android端末で新機軸の遊び方が発生したということです。モッピーやげん玉といったポイントサイトに掲載されている広告を開いたり、キャンペーンに参加したりするだけで、対価として現金に交換できるポイントを入手することが容易と書いてありました。MMOなどは拘束時間が長いですよね、別の言い方をするとやめるタイミングがつかめない…それが嫌ということでなかなかしませんが、友人と一緒にやるのでそれほどプレイヤーが怒ったりしてないのはプレイしたり…たまにあります。スマホゲームのアイテムを、魔法石ではなく実際のお金と両替するリアルマネートレーディングがトラブルを引き起こしています。報道では、連日スマホゲームにハマっている若い人達が絶えないようです。