この現象は重要な変化

スマホでゲームのイメージ「最近では、ユーザーはスマホを常時持ち運んでいる。この現象は重要な変化であり、同様に重要なビジネスチャンスを巻き起こすものだ」とのことです。ちなみに、スマホゲームをたしなんでいくと興味が出てくるのが、ランキング上位となっているユーザーたちでしょう。少し見ただけでこれは勝てないな…等と考えてしまいます。スマホゲーム会社が新作ゲーム作りに力を注いでも好評を維持しにくい傾向があり、ようやく、スマホゲームマーケットが成熟してきたサインが確認できた、と考えられます。ニューリリースが次々と現れるスマホゲーム産業。リセマラしたくなるゲームアプリは豊富にありますよね。そうは言っても、スマホゲーム自体がプレイに熱中できないものなら本末転倒では、と言われました^^;フィーチャフォンからスマホへの買い替えにより、スマホゲームユーザーが増す状況の中で、多様なゲーム開発会社がスマホゲーム市場に入り、様々なゲームを出してきました。

Real Money Trading

ソシャゲのキャラクターを、仮想通貨ではなく本当の現金と交換するRMT(Real Money Trading)が問題となっています。アジアの一部の国では、ゲーム以外の事をしない男性たちが多くいるそうです。スマートフォンのゲームでガチャに挑戦するときは、有無を言わさずに課金が義務となるでしょう。しかしながら、インターネットでは「ただでガチャを引ける。」と主張している人がたくさんいます。日本のスマホゲーの平成27年3月までの売上は、アップルの”App Store”では前の年を大幅に上回りました。グーグル社のストアでも同様で、日本のゲームアプリマーケットは勢いよく広がりを見せています。”Pokémon GO”でPokémonをGetするには、何はともあれ屋外に出て行っていろんな地域を探索する必要があり、運動量が増えた、という「おまけ」もお知らせされているとの事です。当然、「駄作ゲー」のようなものもありますが、ほとんどはちゃんとプレイできるゲームに出来上がっていますし、未来のソシャゲ市場はどんどん発展することは順当でしょう。

事前予約が一般化

スマホゲームはどう試みても時間とお金を使った人ほど際限なく強くなるという事実があって、アプリゲームの運営担当の方も利益を重視してしている訳ですので事実としてはどうしようもない事だとはおもうのです。事前予約が一般化してから、リセマラ同様無微プレイヤーには避けられないものとなりました。DL前のアプリゲームを予約して、Twitter登録するので事前登録と言っています。ついこの前、戦国炎舞 -KIZNA-を楽しんでいたあるゲーマーの引退が、関心を集めました。この人物は驚嘆すべきことに数億円を課金してしまっていたそうです。また、老舗ゲーム企業の保有する知財を使用したスマホゲームが出てくるとのことで、かつてファミコンやスーパーファミコンを満喫していて、ゲームを中止しているという人が復帰するきっかけとなる可能性もあります。カタルシスの演出こそが、ゲームの本質的なクオリティを決定付けていたわけですが、スマートフォンのゲームではそれは重要ではなく、シンプルで即時に成果がゲットできるものが重要となっています。