アプリ本体は無料で

水に浸かるスマートフォンアプリ本体は無料で、カードを手に入れるガチャに金を払います。国内のゲーム会社はまだ、ガチャではないユーザーが自ら課金していきたいと思う仕組みを発見できていません。モッピーなどのポイントサイトに載っている広告を開いたり、アンケートに答えたりすることができ、特典としてガチャにチャレンジできるポイントを貯める方法があると聞きました。最新のコンテンツが次から次へと投入されるスマホゲーム産業。リセマラに頼りたくなるゲームアプリはたくさんあります。ですが、アプリゲームがプレイに熱中できないものなら本末転倒では…と考えてしまいます。最近、チェックしているのがLINEのアプリゲームとなります。最初の頃は、簡易化された育成ゲームやランアクションなどをリリースしていたんですが、今年になって相当に頑張っている感じですね。ガチャを回してキャラを収集して合成して、仲間で対戦する。これの繰り返し…そういうゲームはもううんざり。私がプレイしたいのはシナリオ展開が楽しい、昔ながらの王道RPGなんです。

トップランクのユーザーは数億単位の

とあるスマホゲーのトップランクのユーザーは数億単位の課金をしているようです!3億円というとサラリーマンの生涯年収に相当すると言います。平社員ですので、やたらにiTunesカードを買えませんので、ポイントタウンで稼いだポイントを慎重に換金しながら、熱中しているスマホゲームにぼちぼちと課金してプレーしております。ファーストパーソン系のは頭がクラクラしてしまうのでどうしてもプレー不可なのですが、視点移動の種類によってはたまに大丈夫なものがあって、FPSでもそれならやります。最近ではゲーマーに限らず、ごく普通のビジネスマンも堪能しているスマホゲー。誰でも知っているモンスターストライクないしはFate、後はLINEのディズニーツムツムなどが売上上位のようです。大ヒット作を出している企業でも、ゲーマーは企業名では新しいゲームをプレイしてはくれません。新規の企業となれば、なおその状況は顕著です。大量の開発費や広告宣伝費をかけても、多くのプレイ人数が担保されているわけではありません。

新規カードがリリースする度に

新規カードがリリースする度に課金をして取得して、合成をしてという事をリピートする事になるのですが、どうしてもそれ相応の資金が入り用となってきます。当然、「クソゲー」みたいなのもありますが、そうは言っても大半はしっかり満喫できるゲームに調整されてますし、今後のスマートフォンゲーム業界はいっそう進歩することは間違いないと思われます。国内のユーザーがソーシャルゲームをプレイしている延べ時間は米国の4倍で、全世界で最も長いです。全スマホアプリに占めるゲームの売上高は日本国内では各ストアで90%となり、アメリカの8割を超えています。ときに、ゲームアプリのレビュー記事は多く見られますが、未プレイがバレバレだったり、単に宣伝であったりする場合がほとんどです。『スマホゲームおすすめ攻略レビュー』などは、ゲームを実プレイしたレビューなので信用できます。ゲームが楽しければ課金もありでしょ~ていどに思っている軽いプレイヤーなのですが、数えきれないほどのスマホゲームを探索して素晴らしいゲームを見つけるのって本当に難しい…